2015バンコク通信
[KABA.ちゃん 性転換手術へ デイリースポーツ 7月13日(月)]

本物なんです
「本物すし!」
今まで食べていたのはニセモノかと思い
本物を求めてバンコクまでやって来ました。
トンローの名店がチットロムへ!
すし以外が本物の味だったよ。

2015屋台でうろうろ
タイ語は読めないので
いちかばちかの指さし注文。
この後40度の熱が出ます。


ジャンボーグ
ジャンボーグAのフィギュア発見。
妖怪ウォッチのメダルのようなものや全然関係のないCDもパッケージ。
タイ版のジャンボーグAではインドの神様みたいなハマヌーンとなぜか戦わされるんです。
どっちが勝ってもという話ですね。
ちなみに僕は軽自動車ホンダ・Zを改造して誕生した2号ロボ「ジャンボーグ9」がお気に入り。
イカみたいな顔のヒーロー。
ホンダ・Zってところが渋い。軽自動車だし。

綺麗な瞳なんです
「プラカノン駅で見つけた夢にまで出てきそうな看板シリーズその1」
これって「かっこいい」の?「おもしろい」の?
でもとっても綺麗な目をしていたよ。

箱根ですわ
とにかく「箱根」押してくるんです。

わびさび?
わびさびではなくて「わさび」なんです。
日本では「調味料のひとつです」と教えてあげたい。

貴重な体験
この店の次の、のれん分け候補は
「貴重な時間」
「価値ある体験」
「貴重なアドバイス」
「大切な思い出」
「貴重なご意見ありがとうございます 」
「家族と過ごす時間プライスレス」
辺りだろうか?


ガーデン1
[シンガポール通信]
4年ぶりに建国50年のシンガポールにも行ってきました。
前回と違い日銀の異次元と言われる金融緩和による円安効果で
日本より物価が高い印象。(前回1ドル60円位が1ドル100円位)
お金のかからない観光にシフト。


ガーデン2
バンコクと違い、特に大きな日本語の乱れもなく
まったりと過ごしました。
この日は建国50年の航空ショーのイベントがあり
半日、空を見上げていました。
【2016/06/26 12:04】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・墓参り 2013年初夏と結婚式
[アシアナ死者 消防車ひかれる 7月13日(土)AFP=時事]
仕事で東京の用賀に行ってきました。
今回は1週間滞在。

原宿
原宿・竹下通りのモニターです。
真ん中にいるのがオノボリサンのアタクシです。
今までこんなところにモニターがあるとは知らなかった。

エスパス ルイ・ヴィトン東京
『Monuments of Traffic(交通のモニュメント)』展へ
無料とは思えない展示に感心
しかも写真は撮り放題
エスパス2013
© Louis Vuitton
Trashcar on bent motorway, 2008/09
ボール紙/焼けたプラスチック車/ゴミ焼却から生じた粉塵
150 x 100 x 80 cm
Courtesy of Galerie Barbara Weiss, Berlin


エスパス2013
Carmageddon / Motorway, 2012
ボール紙の立体エレメントから成るモジュール x 30個
各90 x 150 x 4 cm
Courtesy of the Artist, Galerie Johann Widauer, Innsbruck and Galerie Barbara Weiss, Berlin
今回は1937年ベルリン生まれのトーマス・バイルレ(Thomas Bayrle)の個展でした。


高島さんの結婚式2
■6月8日に神戸・北野のサッスーン邸にて
OACの講師でイラストレーターの高島沙羅さんと大塩健三郎さんの
結婚式がありました。
ドレスをズルズルしてる姿が良かったです。
神戸北野の異国情緒あふれる歴史的な異人館での結婚式でしたが
会場に行くまでの坂が急すぎ!
ご結婚おめでとうございます。
また画家の植田志保さん(高校時代に教室に来ていた)にも10年ぶりに会え
あいかわらずの超常現象の話に花が咲きました。
ワイドな身振り手振りで話す彼女自身が超常現象の様でした。

植田志保ブログ http://memo.shiho-ueda.com/

高島さんの結婚式
このマハラジャのような扮装をしているのがアタクシです。
シャンパン・生ハム!を美味しくいただきました。
帰りは植田さんとタクシーで三宮まで一緒

一風堂
ようやく一風堂のプレミアム会員になりました。
日本~シンガポール~NYの一風堂と周りましたが
個人的には地元姫路の一風堂が一番です。

免許ゼミナール
明石に免許更新に行ってきました。
帰りに見つけたこの「免許ゼミナール」ってどんなシステム?
いつやるの?いまでしょ的な人がいるのかな?
【2013/07/13 16:20】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ザ・墓参り 2013年春
[壇蜜 冠番組が放送2カ月で早くも特番 5月20日(月)まんたんウェブ]
春期講習も無事終了したのでNYの報告がてら墓参りに行ってきました。
 
ヴィトンのエスパス
©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat
エスパス ルイ・ヴィトン東京での「Urban Narratives ―ある都市の物語―」を見に行きました。
毎回、無料で内容の濃いい展示、しかも無料で図録が貰えます。
今回の旅で唯一のブランドものです。

http://espacelouisvuittontokyo.com/ja/past/urban/detail#photoGallery


ウィスットさんと
4月3日のスパイラル青山のCAYでの「タムくんとタイ料理」
タイ人の漫画家ウィスット・ポンニミットさんのアニメーションとタイ料理という初の料理企画。
原田郁子さんや台湾のバンド透明雑誌の洪くんも飛び入りで参加。
アンコールではタムくんがスタンドバイミーを披露。
次回はマイウェイが聞けるかな。
次の日にパルコでも会いました。
渡したはずのキン肉マンのサンシャインは見つかったかな?
https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_544.html


東雲のどこか
東京の東雲に3月21日よりオープンした1500平米の新しいアートの拠点、
「TOLOT(heuristic SHINONOME)TOKYO FRONT LINE2013」に行ってきました。
人っ子一人いない東雲駅に下車し、1500平米の会場には人っ子3人!
帰りは人さらいに会わないように小走り。
でも展示はすばらしく日本のチェルシーかと思うほどでした。
他のギャラリーがもっといっぱい引っ越ししてきたら良いのに。

■ 開催日時 :2013年 3月21日(木)〜5月22日(水)(日曜/月曜/祝日休み )
■ 開場時間:11:00 -19:00 
■ 会場:TOLOT (heuristic SHINONOME) 
〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-13 2階
■ WEB:http://tokyofrontline.jp/

6%ドキドキ
原宿の6%DOKIDOKIのユカさんとvaniさんと記念撮影。
おじさんの胸は100%ドッキドキ!
6%DOKIDOKIホームページ http://www.dokidoki6.com/

ねぎし
今回の旅で、一番美味しかったのは牛たん、とろろ、麦めしの「ねぎし」のがんこちゃんセット
この後、リピーターになってしまった。
関西にも出来たらいいのに。

http://www.negishi.co.jp/

歌舞伎座
5代目歌舞伎座のこけら落とし公演

クラウス展
[2013年4月19日神戸新聞]
講師と受講生の方から神戸新聞に載っていたと記事を持ってきてもらいました。
この後のレセプションではベルギービール飲み放題!
ゲント美術館の学芸員のヨハン・ド・スメットさんともお話できました。

「エミール・クラウスとベルギーの印象派」は姫路市立美術館で開催中
その後、東京ステーションギャラリーに巡回。
【2013/05/20 14:00】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
篠原有司男さんに会う。(Gutai: Splendid Playground その2)
[PM2.5 分析ビジネスが活況写真 SankeiBiz2013年3月25日(月) ]

and the Boxer

NYブルックリン・ダンボの篠原有司男ことギュウチャンのスタジオに遊びに行きました。
日本のモヒカン刈りの教祖。
80歳になっても手入れは完璧!
しばしモヒカン談義。
「若い奴はかっこいいね」と褒められた私も40歳。

牛男さん
奥様の篠原乃り子さんが自身の作品について語る。
NY在住の美術史家の富井玲子さんも一緒。

and the Boxer
「ボクシング・ペインティング」の始まりです。

and the Boxer
左隅に両足のフットペインティングをサインがわりに完成。

and the Boxer
ギュウチャンはシャワーへ直行です。
この後、マンハッタンに戻り、篠原夫妻と長男でアレックスさん・富井さんと
ミンさんの弟(フードコーディナーター)のスタジオでティナー。
カナダのカールトン大学の生徒も参加で和気あいあい。修学旅行みたい。

Cutie and the Boxer
ギュウチャンと奥さんのドキュメンタリー映画
「Cutie and the Boxer」
サンダンス映画祭でドキュメンタリー監督賞を受賞!
今年の秋からアメリカを中心に一斉公開


篠原有司男

東京麹町生まれ。
1952年、東京芸術大学美術学部油絵科に入学、林武に師事。
1957年、同校を中退。
1960年、「読売アンデパンダン展」で活躍していた吉村益信、赤瀬川原平、荒川修作らとともに
「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を結成。
短い活動期間に多くの伝説を残す。
日本ではじめて頭を「モヒカン刈り」にして、週刊誌のグラビアで紹介された。
その後も「イミテーション・アート」や「花魁シリーズ」などの「悪趣味」で
「スキャンダラス」な作品を次々と発表。
「ボクシング・ペインティング」は有司男の代名詞となるが、
これはマスメディア向けのパフォーマンスであり、芸術のつもりは毛頭なかったと、
のちに赤瀬川との対談で明かしている。
1969年、ロックフェラー三世基金の奨学金を受けて渡米、以後ニューヨーク在住。
2007年、第48回毎日芸術賞を受賞。
(ウィキペディアより引用)



篠原乃り子

1952 富山県高岡市生まれ
1972 渡米し、Art Students Leagueで油絵を学ぶ
1973 篠原有司男と出会う
    Pratts Graphic Centerでシルクスクリーン技法を学ぶ
1974 長男Alexander空海を出産
1994 小説「ためいきの紐育ニューヨーク」を三心堂より出版
1995 京都市立芸術大学でエッチング技法を学ぶ
    東京藝術大学で中林忠良教授に師事する
2002 NHK「世界の祭りシリーズ-甦るインカ-」に出演

個展

1986 Noriko Shinohara EXHIBITION(CAT CLUB・NEW YORK)
1999 篠原乃り子展(ガレリアグラフィカ・東京)
2006 篠原乃り子展「南十字星の見えるところ」(ギャラリーNOW・富山)
    Noriko Shinohara EXHIBITION(Almondine・NEW YORK,DUNBO地区)

グループ展

2003 NEW PRINTS EXHIBITION(International Prints Center・NEW YORK)
    9.11MEMORIAL EXHIBITION(ASIAN AMERICAN ART CENTER・NEW YORK)
2005 NEW PRINTS EXHIBITION(International Prints Center・NEW YORK)
2006 NEW PRINTS EXHIBITION(Colombia College・Chicago)



富井玲子

1979年に大阪大学理学部数学科卒業
1982年に大阪大学文学部美学科卒業、論文は、ナウム・ガボのキネティックの実験について
1984年に大阪大学文学研究科修士課程修了西洋美術史専攻、論文は、キネティック・アート論。
同年、フルブライト奨学金を得て渡米
1988年にテキサス大学オースティン校博士課程修了美術史学専攻、論文はジョージ・リッキー論

主な職歴
1988より1992年まで、NYの国際現代美術センター(CICA)上級研究員を務める
1992年~現在、インデペンデント・スカラーとして研究、執筆、翻訳、編集活動。
インデペンデン・キュレーターとして日欧米の美術館・画廊で展覧会を企画
2003年~現在、ホワイトボックスのアドバイザー委員、
アート・アジアパシフィック誌のコントリビューティング・エディター、ポンジャ現懇の主宰など務める

主な英文業績

1989年 『草間彌生回顧展』(NY、CICA)に執筆、編集
1994年 アレクサンドラ・モンロー編著『Japanese Art After 1945: Scream Against the Sky』で、
絵画論の寄稿、資料集編纂・翻訳、全体の編集
1995年 セントルイス美術館の『日本画展』カタログを翻訳・編集監修
1997年 NY、クイーンズ美術館の『蔡国強・文化大混浴展』カタログにテキストと年譜を執筆
1999年 クィーンズ美術館『グローバル・コンセプチュアリズム』展日本セクション担当
2000年 NY、ジャパン・ソサエティーの「YES Yoko Ono」展カタログに執筆、編集監修
2001年 ロンドン、テート・モダン『センチュリー・シティー』展東京セクション担当
2001-02年 NY、ホワイトボックスで、「Sighting(目撃)」展シリーズを企画、
パート1:ピンク~笠原恵美子/パート2:歴史のレッスン~彦坂尚嘉・柳幸典
2004年 NY州立大学ポツダム校ロランド・ギブソン・ギャラリー
『呼応する精神:ギブソン・ギャラリー収蔵品で見る1960年代の日本現代美術』展カタログに執筆
2005年 城西大学英文紀要『Review of Japanese Culture and Society』17号を
「1960s Japan: Art Outside the Box」のテーマでゲスト編集
2007年 『モダニズム以後の集団による美術』(ミネソタ出版出版局)に執筆
ロサンジェルス、ゲッティー研究所『芸術・反芸術・非芸術』展カタログに執筆
2009年 NY、マッキャフリー画廊『白髪一雄の60年』展カタログを執筆
2010年 赤瀬川原平『超芸術トマソン』の英訳出版に執筆
2011年 『グローバリゼーションと現代美術』(ブラックウェル出版)に執筆

主な和文業績

共著
1989年 『美術史のパースペクティヴ』(鹿島出版会)
1996年 『美術史のスペクトルム—作品・言説・制度』(光琳社)
2004年 『うごくモノ—時間・空間・コンテクスト』(東京文化財研究所編、平凡社)
2007年 『戦後美術と美術批評』(美術評論家連盟編、ブリュッケ)
1996年~現在まで、連載コラム「NY現在通信」を『新美術新聞』に執筆
2003年~09年、連載コラム「素描」を『信濃毎日新聞』に連載(3カ月おき)
2009年~現在まで、「海外通信」を『朝日新聞』東京版夕刊文化欄に執筆(3カ月おき)

Gutai: Splendid Playground その2

モンローさんとミンさん
グッゲンハイム美術館/ミン・ティアンポさんとアレクサンドラ・モンローさん
今回のお二人への注目は、具体作家以上!
キュレーターの研究が一般にも理解されているようです。
日本とは全然違う状況です。
(わずかに熟女ですが)展覧会の花でした。
この二人のおかげでGutaiは新しい扉を開けることができました!
感謝♡感謝♡


杉本博司さんとバートンさん
グッゲンハイム美術館併設のレストラン「The Wright」
美術館をデザインしたフランク・ロイド・ライトにちなんで名づけられた同店は
創立50周年を祝い2009年に改装。
写真は2月14日ランチの様子/現代美術作家の杉本博司さん。
具体の向井修二さんのジャケットを着ています。

アクセルさんと
ベルギーのコレクターAxel Vervoordtさんと一緒

アクセル夫妻主催の2月14日のディナーへ。アクセルさんのお住まいはなんと16世紀のお城!
他にも作品を展示する空間をお持ちで、その徹底した建築空間は書籍化もされています。
会場にはMaria Abramovicさんも
アクセルさんの本
Axel Vervoordt. Lo spirito wabi Miki Tatsuro (2010/11)
【2013/03/25 19:39】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大宮~諏訪湖~松本~平湯~高山
[小室とマークでglobe再開へ 2012年9月25日(火) シネマトゥデイ]

秋晴れの中、というか夏を思わせる陽気の中、
野麦街道+寄り道の旅に行って来ました。

大宮盆栽村
埼玉県さいたま市には、盆栽町という地名がある。
これは、関東大震災後に、東京の小石川周辺の盆栽業者が集団で移住してきたのが始まりらしい。
また移住者に対して、盆栽を十鉢以上保有、平屋に限る、生垣にする、門戸は開け放つ、などの条件をつけたと言う。
それが後に緑豊かで静かな環境を作り上げ、住宅地としての価値を押し上げ、不動産価格・地価が上昇へと繋がったらしい。
ムムッ!盆栽だけで不動産の上昇!
誰か私に教えて!盆栽の育て方!

[旅の情報]
盆栽美術館を鑑賞後、数軒の盆栽村を散策してきました。
また美術館では盆美のロゴが入ったTシャツとエプロンを購入。
いつだって、まずは見た目からです。
現在の盆栽村周辺には、およそ10軒の盆栽園が営まれております。
さいたま市大宮盆栽美術館



諏訪湖を経由して松本へ
草間自販機
草間彌生の幻覚追体験コーナーです。
水玉で覆われた自動販売機、ベンチ、ゴミ箱!

松本美術館
それに美術館まで
幻覚追体験化しています。

パンツ丸見え
草間彌生さんの里帰りの巡回展なので
地元の情熱を大変感じました!
将来的な不動産と地価の上昇を狙っているのかもしれません。

[旅の情報]
松本市美術館開館10周年記念展
 草間彌生 永遠の永遠の永遠
  YAYOI KUSAMA Eternity of Eternal Eternity
   会期:平成24年7月14日[土]~11月4日[日]
    会場:松本市美術館 

松本民芸館
民芸館にも立ち寄りました。
現代美術から一転して、用の美です。
民芸作家のお孫さんが作られた小さな家を5つ購入。

[旅の情報]
松本民芸館
松本ではそば・地酒・蜂の子を堪能。

平湯 はんたい玉子
平湯ではんたい玉子食べました。

[旅の情報]
平湯温泉(ひらゆおんせん)は、岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷(旧国飛騨国)にある温泉。
平湯温泉旅館協同組合

飛騨牛ホルモン
高山では飛騨牛!ではなく飛騨牛のホルモンを食べました。
さすがブランド牛、大変甘みがありました。
次回は肉側を食べてみたいものだ。

高山のディズニーランド高山昭和館へ
ここにもまた不動産と地価の上昇を狙う民衆運動あり
昭和館
昭和って、こんなにごちゃごちゃしてたっけ

ジャイアント馬場
昔の大田区体育館に、ラッシャーのマイクに、ゴッチなど
時期の違うプロレスの懐かしいポスターが一堂に
でも馬場の引退は平成だよな。


[旅の情報]
高山昭和館

宮川朝市は朝6時から12時まで 毎日。
【2012/09/25 16:00】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ