芸術の秋
[小室哲哉 浜田雅功とユニット再結成? 11月15日(木) スポニチアネックス]

横尾忠則現代美術館オープン

横尾忠則現代美術館のオープニングへ
当時は西館と呼ばれていましたね。
現在の兵庫県立美術館が出来る前の
兵庫県立近代美術館時代には良く通いましたので、懐かしい。
特にこの点で支えるスリリングな免震装置?
名建築家・村野藤吾による設計です。(1970年)

ヤジロベー式

会場はスーツ姿の人でいっぱい。
居場所を見つけて端へ端へ移動し
シャンパンで乾杯しておりましたら
榎忠さんを発見!

モヒカン凸凹
今回は半刈ではなく逆モヒカン!
二人合わせると凸凹がぴったりはまるわけです。

モヒカン凹凸

縁起が良いのか一時的にヒーリングスポットに!
あなたも厄除けにどうでしょう?
合体
このあと、ウィーン!ガシャン!ガシャーン!と変形~合体します。
で飲みに連れて行ってもらいました。(合体~アルコール分解)

榎忠さんの伝説のハンガリです。
「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」 1977年
Went to Hungary with HANGARI 「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」 1977年
写真提供:榎忠、札幌宮の森美術館

榎忠さんのWEBサイト
http://chuenoki.com/index.html



☆2012年11月17日~2013年2月24日まで
小野田實の作品WORK68-Wa・b(組作品)を展示しております。

「2012年度 コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝」
/兵庫県立美術館(展示室1~3)
 
ぜひご覧ください。
■料金/一般500円・大学生400円・高校生、65歳以上250円
■月曜日休館。午前10時~午後6時
 特別展開催中の金・土曜日は夜間開館(午後8時まで)
小野田實
作品67-2Y 1967年 90.2x45cm

コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1211/config.html#config01



☆10月末から始まる兵庫県立美術館の企画展内覧会に行ってきました。
【キュレーターからのメッセージ2012 現代絵画のいま】

中堅から新人まで14人の作家の新作、近作が中心の企画です。

キュレーターからのメッセージ2012「現代絵画のいま」

2012年10月27日(土)-12月24日(月・振休)
兵庫県立美術館 企画展示室
午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)



☆兵庫県立美術館に程近いBBプラザ美術館で
「具体美術協会」のメンバーでもあり、92歳を迎えた今もなお、新しい美術表現に挑み続ける上前智祐さんの展覧会も開催しています。
卒寿を超えて「上前智祐の自画道」
上前さん
■会期
前期:2012年 11月3日(土)~ 2012年 12月24日(月)
後期:2013年 1月5日(土)~ 2013年 2月17日(日)
詳しくはこちら
http://bbpmuseum.jp/exhibition9.html




☆大阪大学総合学術博物館で創立10周年記念のシンポジウムが開催されます。
「オオサカが とんがっていた 時代 大阪のアヴァンギャルド芸術 ―焼け跡から万博前夜まで―」
■会場・日時
日時:2012年11月25日(日)13:30~17:00
会場:大阪大学中之島センター 10階 佐治敬三メモリアルホール
定員:150 名 聴講無料、事前申込み不要、当日先着順(開場13時~)
主催:大阪大学総合学術博物館
協力:大阪大学大学院文学研究科、大阪大学21世紀懐徳堂


【2012/11/16 13:19】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |