スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Gutai: Splendid Playground その1/グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)
[田丸麻紀 結婚式に指輪忘れる RBB TODAY 3月25日(月)]

グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)
Gutai  Splendid Playground
写真提供:グッゲンハイム美術館
Courtesy of Solomon R. Guggenheim Museum,NY


February–May 2013
In February 2013, the Guggenheim Museum will open the first U.S. museum retrospective exhibition ever devoted to Gutai, the most influential artists collective and artistic movement in postwar Japan and among the most important international avant-garde movements of the 1950s and ‘60s. The exhibition aims to demonstrate Gutai’s extraordinary range of bold and innovative creativity; to examine its aesthetic strategies in the cultural, social and political context of postwar Japan and the West; and to further establish Gutai in an expanded, transnational history and critical discourse of modern art.

Organized thematically and chronologically to explore Gutai’s unique approach to materials, process and performativity, Gutai: Splendid Playground explores the group’s radical experimentation across a range of media and styles, and demonstrates how individual artists pushed the limits of what art could be or mean in a post-atomic age. The range includes painting (gestural abstraction and post-constructivist abstraction), conceptual art, experimental performance and film, indoor and outdoor installation art, sound art, mail art, interactive or “playful” art, light art and kinetic art. The Guggenheim show comprises some 120 objects by 25 artists on loan from major museum and private collections in Japan, the U.S. and Europe, and features both iconic Gutai and lesser-known works to present a rich survey reflecting new scholarship, especially on so-called “late Gutai” works dating from 1965-1972. Gutai: Splendid Playground is organized by Ming Tiampo, Associate Professor of Art History at Carleton University and Alexandra Munroe, Senior Curator, Asian Art, at Guggenheim Museum.


Solomon R. Guggenheim Museum
1071 Fifth Avenue
(at 89th Street)
New York, NY 10128-0173


企画:グッゲンハイム美術館 主任学芸員/アレクサンドラ・モンロー
   カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレイター/ミン・ティアンポ

ニューヨーク・グッゲンハイム美術館「Gutai: Splendid Playground 」
2013年2月15日から始まりました。
小野田實も6点出品しています。
ロンドンから1点、大阪大学から5点と
海外や大学にあったものなので、
どれも初めて見る作品でした。
25作家120点。
会期は5月8日まで。

ミン・ティアンポさんと
父の作品の前で「Gutai: Splendid Playground 」展の
共同キュレーターのミン・ティアンポさんと一緒!
ちょうど一年前に自宅に来られた時のことが思い出されます。
オーガスティンちゃんが姫路銘菓のかりんとうを見たときの表情とかも。

紐育
ニューヨークでも大ウケのタキシード!
翌々日のファミリー向けレセプションでは、こどもたちに写真をせがまれ
ミッキーマウス気分!
黒目は小さいけど

ONODA Minoru, Work 66-14,
ONODA Minoru, Work 66-14, 1966.
Synthetic paint on wood panel, 94 × 94 × 8 cm.
Collection of Caroline de Westenholz.
© Onoda Isa, courtesy Caroline de Westenholz,
photo by Dave Morgan
今回出品作品の1点は1966,67年とスイス・オランダの具体展と
ヌル展などに巡回した後、行方不明になっていたものです。
オランダのオレズ(Orez)ギャラリーのオーナーの娘さんの
キャロリーヌ・ベステンホルツさんが所有していたものを
2011年8月20日(土)放送のNHK・BSプレミアム
「世界が私を待っている。前衛芸術家 草間彌生の疾走」を
見た受講生の方が教えてくれたものです。
草間さんも1967年にオレズギャラリーで個展をしていました。

レセプション
2月13日~15日の3日間連続のイベントには、毎日多くの人が詰めかけていました!
もの派の李兎煥さん(リー・ウーファン)や杉本博司さん、蔡國強さんも来ていました。


この日だけは、もの派から具体へ
李兎煥さん(リー・ウーファン)と一緒
今日だけは「もの派」ではなく「具体派」で出席

the team G
具体メンバーと関係者/2月13日のレセプションの様子(全米の美術史学会対象)
初めて高崎元尚さんにお会いしました。


読売新聞
3月19日の読売新聞・夕刊に展覧会のことが大きく掲載されました。
白目がちのミッキーはどこにいるか分かるかな?


アートフォーラムのホームパーティー
2月15日のオープニングの時に、そっとアドレスを教えられて行った先はイーストリバーのチャールズ・ガリーノさん宅。ガリーノさんは世界で最も有名な月刊美術雑誌アートフォーラムの編集長です。ホスト自ら料理を振る舞うホームパーティー。アートフォーラム2月号は具体特集!会場にはMOMAのキュレーターのドリュン・チョンさんやプラム&ポー(NYグラッドストーンギャラリー巡回)「もの派」キュレーターの吉竹美香さんやアーティストの荒川医さん、蜷川敦子さんも!

ガリーノさんとベステン
チャールズ・ガリーノさん/Charles Guarinoとキャロライン・ベステンホルツさん/Caroline de Westenholz

art forum
ARTFORUM February 2013
Cover: Tsuruko Yamazaki, Work, 2009, dye, lacquer, and vinyl thinner on tin, 18 3/4 x 18 3/4".


具体美術協会GUTAIとは

具体美術協会(ぐたいびじゅつきょうかい、具体美術、具体、GUTAIとも)は戦前から活躍していた前衛画家・吉原治良を中心に1954年に兵庫県芦屋市で結成した団体。
「人の真似をするな」という吉原の指導のもと、従来の表現や素材を次々と否定して新しい美術作品を生み出していった。初期のメンバーは、吉原の周辺や芦屋市展に集まっていた若手美術家で、嶋本昭三、山崎つる子、正延正俊、上前智祐、吉原通雄、吉田稔郎、白髪一雄、村上三郎、金山明、田中敦子、元永定正など。機関紙「具体」の発行、芦屋川河畔での野外展、東京(草月会館)および関西での「具体展」、梅田のサンケイホールなど舞台での発表やデパートの屋上でのアドバルーン展など、型破りで新鮮な活動をめざましく展開していった。やがて具体はフランスの批評家ミシェル・タピエによって「アンフォルメルの日本における一例」として広く海外へ紹介され、高く評価されるようになった。(その一方、抽象絵画の団体として紹介されてしまったことで以後の活動は平面作品が中心となり、初期の立体作品や舞台を使ったパフォーマンスなどは行われなくなる。)

1960年代になるとヨシダミノル、今中クミ子、向井修二、松谷武判、前川強、堀尾貞治、小野田實ら新しい世代が登場し、光や動きを取り入れたライトアートやキネティックアートの導入など、それまでとは違った方向性を見せることになる。その間、1962年には本拠地「グタイピナコテカ」が大阪・中之島に開設され、会員たちの絵画の個展が行われた。ジャスパー・ジョーンズ、サム・フランシス、ジョルジュ・マチウ、ロバート・ラウシェンバーグ、イサム・ノグチ、ポール・ジェンキンス、ジョン・ケージ、ペギー・グッゲンハイムなどが訪問した。

末期の1970年、大阪万博の「お祭り広場」ではふたたび大規模な舞台を光やパフォーマンスによって行ったが、吉原治良の死によって1972年に解散した。

1950年代から1970年代まで、具体の活動は幾つかの局面を経てきたが、ことにその初期の実験性は近年、パフォーマンスアートやハプニング、インスタレーションなど現代美術のさまざまな分野の先駆者として認められ、1990年代以降、日本の戦後美術に関する展覧会への各作家の参加や、ヴェネツィア・ビエンナーレでの回顧展(野外展の再現)ほか、あいついで国内外で展覧されている。
(wikiから引用加筆)

メディア情報

朝日・読売など大手新聞・(米)アートフォーラム誌・美術手帖・芸術新潮・ヴォーグなどの有名ファッション誌・ニューヨークタイムズ・NYタイムアウト・LAタイムズ・(英)フィナンシャルタイムズなどで紹介されました。野村萬斎さんと杉本博司さんのグッゲンハイム美術館での三番叟プログラムはWOWOWで放映。
2012年6月8日の朝日新聞に小野田實の記事が掲載!
2013年2月15日のニューヨークタイムスの1面(中面も)に具体記事が掲載されました。
2013年3月19日の読売新聞・夕刊にNY展覧会のことが大きく掲載されました!
【2013/03/25 19:04】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『イエローハンカチーフ』
[ビヨンセさん「口パク」認める時事通信 2月1日(金)]

布
NYグッゲンハイム美術館の「Gutai: Splendid Playground 」が近づいてきました。
先日、美術館のほうから布状の黄色いものが送られてきました。
これってポスター?招待状?幸福の黄色いハンカチ?
京都・奈良のペナントのように壁に貼る?
ワクワクして開会を待てと!
羊の数でも数えて待ってろと?うん、待ってる。
それともランチョマット?
これがないとオカズの皿がみんなより一つ少ないの?
いろんな意見を家族で出し合いましたが答えは出ず。
巻物みたいにして忍者ネタでも仕込もうかと思っていましたら
もう一枚届いた!
謎は深まるばかり

グッゲンハイム美術館のホームページ


Courtesy of Guggenheim Museum
Courtesy of Guggenheim Museum


【2013/02/01 12:59】 | 美術-Art- | page top↑
芸術の秋
[小室哲哉 浜田雅功とユニット再結成? 11月15日(木) スポニチアネックス]

横尾忠則現代美術館オープン

横尾忠則現代美術館のオープニングへ
当時は西館と呼ばれていましたね。
現在の兵庫県立美術館が出来る前の
兵庫県立近代美術館時代には良く通いましたので、懐かしい。
特にこの点で支えるスリリングな免震装置?
名建築家・村野藤吾による設計です。(1970年)

ヤジロベー式

会場はスーツ姿の人でいっぱい。
居場所を見つけて端へ端へ移動し
シャンパンで乾杯しておりましたら
榎忠さんを発見!

モヒカン凸凹
今回は半刈ではなく逆モヒカン!
二人合わせると凸凹がぴったりはまるわけです。

モヒカン凹凸

縁起が良いのか一時的にヒーリングスポットに!
あなたも厄除けにどうでしょう?
合体
このあと、ウィーン!ガシャン!ガシャーン!と変形~合体します。
で飲みに連れて行ってもらいました。(合体~アルコール分解)

榎忠さんの伝説のハンガリです。
「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」 1977年
Went to Hungary with HANGARI 「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」 1977年
写真提供:榎忠、札幌宮の森美術館

榎忠さんのWEBサイト
http://chuenoki.com/index.html



☆2012年11月17日~2013年2月24日まで
小野田實の作品WORK68-Wa・b(組作品)を展示しております。

「2012年度 コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝」
/兵庫県立美術館(展示室1~3)
 
ぜひご覧ください。
■料金/一般500円・大学生400円・高校生、65歳以上250円
■月曜日休館。午前10時~午後6時
 特別展開催中の金・土曜日は夜間開館(午後8時まで)
小野田實
作品67-2Y 1967年 90.2x45cm

コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1211/config.html#config01



☆10月末から始まる兵庫県立美術館の企画展内覧会に行ってきました。
【キュレーターからのメッセージ2012 現代絵画のいま】

中堅から新人まで14人の作家の新作、近作が中心の企画です。

キュレーターからのメッセージ2012「現代絵画のいま」

2012年10月27日(土)-12月24日(月・振休)
兵庫県立美術館 企画展示室
午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)



☆兵庫県立美術館に程近いBBプラザ美術館で
「具体美術協会」のメンバーでもあり、92歳を迎えた今もなお、新しい美術表現に挑み続ける上前智祐さんの展覧会も開催しています。
卒寿を超えて「上前智祐の自画道」
上前さん
■会期
前期:2012年 11月3日(土)~ 2012年 12月24日(月)
後期:2013年 1月5日(土)~ 2013年 2月17日(日)
詳しくはこちら
http://bbpmuseum.jp/exhibition9.html




☆大阪大学総合学術博物館で創立10周年記念のシンポジウムが開催されます。
「オオサカが とんがっていた 時代 大阪のアヴァンギャルド芸術 ―焼け跡から万博前夜まで―」
■会場・日時
日時:2012年11月25日(日)13:30~17:00
会場:大阪大学中之島センター 10階 佐治敬三メモリアルホール
定員:150 名 聴講無料、事前申込み不要、当日先着順(開場13時~)
主催:大阪大学総合学術博物館
協力:大阪大学大学院文学研究科、大阪大学21世紀懐徳堂


【2012/11/16 13:19】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニューヨーク・グッゲンハイム美術館決定!
[カモシカはねた電車、45分後にクマはねる  6月10日(日)読売新聞]

グッゲンハイム美術館

つい先日、ニューヨークのグッゲンハイム美術館のゲストキュレイターのミン・ティアンポさんからニューヨークで父の作品の展示が決まったと報告がありました。(つまり予算がおりたらしいです。)
さらに驚くことに今回展示される作品は、昨年の草間弥生さんのNHKの特集でロンドンの個人コレクター宅で偶然発見した(個人的に)幻の作品!
今回の国立新美術館の具体展の方では里帰り展示が叶わず諦めていたところに朗報。
ニューヨークで対面できるとは思わなかった。
ロンドン→ニューヨークと確実に姫路に近づいています。
でコレクターのキャロリーヌ・ベステンホルツさんに連絡しなければならんのだが、
言葉の壁が立ちはだかる今日この頃。
とりあえず開会式のためにキンキラのタキシードは注文済み。

前衛芸術家 草間彌生の疾走
↑キャロリーヌ・ベステンホルツさんです。

Gutai: Splendid Playground /グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)
企画:グッゲンハイム美術館 主任学芸員/アレクサンドラ・モンロー
   カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレイター/ミン・ティアンポ
会期:2013年2月15日~5月

Solomon R. Guggenheim Museum
1071 Fifth Avenue
(at 89th Street)
New York, NY 10128-0173

グッゲンハイム美術館のホームページはコチラ

朝日新聞
6月8日朝日新聞記事

☆姫路エリアで主にStreet Snap(ストリートスナップ)を中心に活動しているstreet snap [Catch]
一コマ。を偶然WEBで発見。去年の仕事帰り。ダイソーの袋がキイテルね!
☆ヒラタクワガタ・メス無事越冬!
☆ヒラタクワガタ・オス越冬出来ず!


キャロリーヌ・ベステンホルツについて
Caroline de WestenholzFrom Wikipedia, the free encyclopedia

Caroline Anne Freiin de Westenholz (London, 1954) is a Dutch art historian. She is the founder of the Louis Couperus Museum in The Hague.

Biography
Caroline de Westenholz was born in London in 1954. She is a daughter of Albert Friedrich Paul Freiherr von Westenholz (1921-2011) [1] and Elisabeth Henriette van Hasselt (1927).[2] In 1960, her mother remarried Albert Vogel jr. (1924-1982), a solo-actor who recited Dutch literature on stage the world over. He became famous with his literary one man show about Louis Couperus. In 1973, he published a biography of this author. Caroline's mother was Vogel's fourth wife.[3] This marriage made Caroline de Westenholz the stepdaughter of Albert Vogel, who also owned a reknowned avant garde art gallery, Orez (from 1971 called Ornis), which was located at 17, Javastraat, The Hague.

De Westenholz studied history of art at the University of Leiden and received her doctorate on a dissertation about her "step grandfather" Albert Vogel sr. (1874-1933), who also was a famous solo actor in the Netherlands. In 1996, De Westenholz became known to the public when she founded the Louis Couperus Museum. It was established in what used to be her stepfather's art gallery. Ever since, the museum has organized many exhibitions. As off 1995, she is the chairman of the museum foundation.

In 1985, De Westenholz travelled to London to become the first European employee of MTV Europe. Later, she co-organized a number of exhibitions about Dutch art in England, one of which took place during the William and Mary celebration year. As off 1992, she continued to work as a free-lance art historian en writer in Monaco but returned to London a few years later.

Works
(Dutch) Caroline de Westenholz, Een witte stad van weelde. Louis Couperus en Nice (1900-1910). Den Haag, 1996
(Dutch) John Sillevis en Caroline de Westenholz, Louis Couperus Museum 1996-2001. Een uitgave van het Louis Couperus Museum ter gelegenheid van het vijfjarig bestaan op 10 juni 2001. Den Haag, 2001
(Dutch) Caroline Anne de Westenholz, Albert Vogel, voordrachtskunstenaar (1874-1933). Een onderzoek naar retorica en voordrachtskunst in het eerste kwart van de twintigste eeuw. [S.l.], 2002 (dissertation)
(English) Caroline de Westenholz, 'Beardsley at Menton'. in: The Death of Pierrot. A Beardsley Miscellany, ed. by Steven Halliwell and Matthew Sturgis, London 1998, pp. 9-16
(English) Caroline de Westenholz, 'Flying Dutchman. Why Louis Couperus is Neglected in his own Country' in: The Times Literary Supplement, nr. 4948, 30 Jan. 1998
References
^ (Dutch) Genealogie von Westenholz in: Genealogisches Handbuch des Adels 110 (1996), p. 450-454.
^ (Dutch) Genealogie Van Hasselt in: Nederland's Patriciaat 31 (1945), p. 79-147.
^ (Dutch) Genealogie (Anthing) Vogel in: Nederland’s Patriciaat 62 (1976), p. 391-400.
【2012/06/11 09:52】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
辺見庸 眼の海
[猫ひろし 現時点では代表 スポーツ報知 11月17日(木)]

2012年1月12日追加更新

第42回高見順賞(高見順文学振興会主催)は9日、芥川賞作家の辺見庸さんの詩集「眼の海」(毎日新聞社)に決まった。
芥川賞を受賞した後、高見賞を受賞するのは辺見さんが初めて。(2012年1月9日)
☆「眼の海」重版決定しました!

1月16日に辺見庸さんの「瓦礫の中から言葉を―わたしの<死者>へ」 (NHK出版新書 363)が発売されます。
NHK「こころの時代 瓦礫の中から言葉を」(2011年4月24日放送)における発言を手がかりに、全面的に書き下ろした一冊。
詩集『眼の海』(毎日新聞刊)執筆の背景もここに明かされる。

また1月13日発売の「週刊金曜日」「週刊読書人」でも詩集『眼の海』をめぐる辺見庸さんのロングインタビューが掲載されます。

眼の海

父・小野田實の作品が2011年12月1日発売の辺見庸「眼の海」-毎日新聞社-の装画として使用されます。
書店などお立ち寄りの際はぜひご覧ください。


砂いっぱいの死者にどうかことばをあてがえ
水いっぱいの死者はどうか眠りにおちるな
石いっぱいの死者はそれまでどうか語れ

       (「死者にことばをあてがえ」より部分)

あの大いなる日にはじまった
海・死・宇宙をつなぐ、目くるめく原光景の巡覧!
驚倒の書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」を併録。  

……伝えられた風景はすべて偽造。これが地獄めぐりの美しき真景である。
稀代の詩的確信犯による言葉の繚乱と官能的狼藉……

・書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」をふくむ全51篇
・ISBN978-4-620-32073-1 C0095・定価1700円(税別)

辺見庸 へんみ-よう
1944- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,作家。
昭和19年9月27日生まれ。共同通信社にはいる。北京特派員,ハノイ支局長,編集委員などをつとめ,平成8年退社。
その間の昭和53年中国報道で日本新聞協会賞,平成3年「自動起床装置」で芥川賞,6年「もの食う人びと」で講談社ノンフィクション賞。23年初詩集「生首」で中原中也賞。宮城県出身。

アジア4カ国周遊に行ってきました。
どこに行ったかわかるかな?

モスク
このような衣装を着てモスクに入ります。

ニョニャ
このような街並みが続きます。

ジェゴッグ
スコールの中のガムラン!宇宙的な響きに感動。でも帰りは演者たちの車で帰りました。

プライベート
ここの朝食はおいしかった。毎朝、部屋まで届けてくれます。

西門
地元の人に声をかけられています。
不良仲間ではありません。

自分なりの運動
ここは名所!思い思いの創作ダンスをする公共の場所です。
【2011/11/17 17:59】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。