Bonhams London!
☆2016年6月29日~
ボナムズ・ロンドンのNew Bond Streetギャラリーでの
「Post-War & Contemporary Art」において
小野田實の小作品 が展示販売されました。
http://www.bonhams.com/auctions/23579/lot/31/

image201607302.jpg
Copyright © Bonhams 2001-2016

Lot 31 Gutai (1954-1972)
A Collection of 32 unique works by Kazuo Shiraga, Shozo Shimamoto, Jiro Yoshihara, Sadamasa Motonaga, Yuko Nasaka, Sadaharu Horio, Norio Imai, Kumiko Imanaka, Joji Kikunami, Shigeki Kitani, Tsuyoshi Maekawa, Takesada Matsutani, Yoshihara Michio, Shuji Mukai, Saburo Murakami, Michimasa Naohara, Senkichiro Nasaka, Kimiko Ohara, Minoru Onoda, Masaya Sakamoto, Yasuo Sumi, Satoshi Tai, Ryuji Tanaka, Teruyuki Tsubouchi, Chiyu Uemae, Tsuruko Yamazaki, Toshio Yoshida and Michio Yoshihara
1966-1969 £30,000 - 50,000 JPY 4.1 million - 6.8 million


image20160730.jpg
Copyright © Bonhams 2001-2016

☆2015年10月11日~29日
ボナムズ・ロンドンのNew Bond Streetギャラリーでの
「ZERO | GUTAI | KUSAMA」において
小野田實の作品Work 66-14 が展示されました。
http://www.bonhams.com/auctions/22820/lot/12/

この展覧会はヨーロッパのコレクターが長年大切に蒐集してきた20作品が展示され、特にドイツの芸術家グループ「ゼロ」と日本の前衛グループ「具体」の作品群は60年代にヨーロッパの重要な展覧会に登場して以降、今回が初めての一般公開の機会となりました。(芸術新潮より引用)
ギュンター・ユッカーやヤン・スホーンホーヴェン・白髪一雄や吉田稔郎、今中クミ子、小野田實ら、それぞれのグループのメンバーの作品や、1965年に発表された草間彌生の代表的な作品がボナムズ・ロンドンのギャラリーに並び、多くのコンテンポラリーアート・コレクターが来場しました。(非販売の展示)

Bonhamsでの会場の様子の動画
http://www.bonhams.com/video/20184/


【2017/04/26 23:37】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015バンコク通信
[KABA.ちゃん 性転換手術へ デイリースポーツ 7月13日(月)]

本物なんです
「本物すし!」
今まで食べていたのはニセモノかと思い
本物を求めてバンコクまでやって来ました。
トンローの名店がチットロムへ!
すし以外が本物の味だったよ。

2015屋台でうろうろ
タイ語は読めないので
いちかばちかの指さし注文。
この後40度の熱が出ます。


ジャンボーグ
ジャンボーグAのフィギュア発見。
妖怪ウォッチのメダルのようなものや全然関係のないCDもパッケージ。
タイ版のジャンボーグAではインドの神様みたいなハマヌーンとなぜか戦わされるんです。
どっちが勝ってもという話ですね。
ちなみに僕は軽自動車ホンダ・Zを改造して誕生した2号ロボ「ジャンボーグ9」がお気に入り。
イカみたいな顔のヒーロー。
ホンダ・Zってところが渋い。軽自動車だし。

綺麗な瞳なんです
「プラカノン駅で見つけた夢にまで出てきそうな看板シリーズその1」
これって「かっこいい」の?「おもしろい」の?
でもとっても綺麗な目をしていたよ。

箱根ですわ
とにかく「箱根」押してくるんです。

わびさび?
わびさびではなくて「わさび」なんです。
日本では「調味料のひとつです」と教えてあげたい。

貴重な体験
この店の次の、のれん分け候補は
「貴重な時間」
「価値ある体験」
「貴重なアドバイス」
「大切な思い出」
「貴重なご意見ありがとうございます 」
「家族と過ごす時間プライスレス」
辺りだろうか?


ガーデン1
[シンガポール通信]
4年ぶりに建国50年のシンガポールにも行ってきました。
前回と違い日銀の異次元と言われる金融緩和による円安効果で
日本より物価が高い印象。(前回1ドル60円位が1ドル100円位)
お金のかからない観光にシフト。


ガーデン2
バンコクと違い、特に大きな日本語の乱れもなく
まったりと過ごしました。
この日は建国50年の航空ショーのイベントがあり
半日、空を見上げていました。
【2016/06/26 12:04】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミン・ティアンポ/Ming Tiampoさん来日。
[庄司 結婚4周年に幸せで泣く写真 7月13日(土)デイリースポーツ]
ミン・ティアンポさん
[ミンさんからのメープルシロップのお土産を片手に]

7月7日に芦屋市立美術博物館にカナダから
ミン・ティアンポさん/Ming Tiampo
(カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同 キュレーター)が
NY具体展の報告にやって来ました。
それも親子で!
休みが4ヶ月って!

ミンさんの報告会1
グッゲンハイム美術館での具体展のスライドを交えて報告会。
また具体の未来についても語られました。
ミンさんのどんどん崩れていく日本語に終始ハラハラ!

校長のタキシード
途中、オーガスティンちゃん(右)と一緒に
オチとして私の写真(左)が利用されましたがな
会場は失笑でしたが。。。
この後、2次会にも参加。
これで「特攻野郎Gチーム/The G-Team」の方々ともしばらく会えなくなると思うと寂しい気持ちになりますのぅ

バートンさんとオーガスティンちゃん
バートンさんにダッコされて眠るオーガスティンちゃん
バートンさんのシャツがヨダレでグッショリ!
あー、こんな娘が欲しいー!

堀尾貞治さんと一緒
元気いっぱいの堀尾貞治さんと一緒に帰る。
(堀尾さんは父と同い年でした。)

Gutai:Decenterring Modernism (Universuty of Chicago Press,2011)
Ming Tiampoさんの著書 Gutai:Decenterring Modernism (Universuty of Chicago Press,2011)

ミン・ティアンポ/Ming Tiampo
http://www2.carleton.ca/arthistory/people/tiampo-ming
(カールトン大学(オタワ、カナダ)美術史研究所准教授)

ミン・ティアンポ(博士)は1945年以降の日本美術を専門とし、トランスナショナルな近代主義への関心を基盤にグローバル化に伴う文化的変容について研究を続けてきた。2003年に具体美術協会とアンフォルメルの研究による博士論文を提出し、ノース・ウェスタン大学から美術史学博士の学位を授与された。
ティアンポのGutai:Decenterring Modernism (Universuty of Chicago Press,2011)は具体美術協会という日本で最もよく知られた近現代美術運動について初めて英語で記された研究書である。
ティアンポは、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館における2013年の展覧会「Gutai: Splendid Playground 」展の共同キュレーターである。それ以前の具体関連展覧会としてAICAより受賞を受けたElectrifying Art:Atsuko Tanaka 1954-1968(2004-05;Grey Art Gallery,New York, and Belkin Art Gallery,Vancouver),Resoundng Spirit:Japanese Contemporary Art of the 1960s(Roland Gibson Gallery,2004),Under Each Other's Spell:Gutai and New York(2009;Pollock-Kransner House and Study Center)などがある。
具体に関する研究の他、ティアンポは日本のモダニズムや戦争美術、グローバル化と美術の関係、カナダのマルチカルチュラリズム、及びイヌイットと日本の版画芸術の関連について研究論文を記している。ティアンポはベルリンのInstitute for Cultural Inquiryの役員をつとめ、カールトン大学のthe Center for Transnational Cultural Analysisの創設メンバーでもある。

Gutai Splendid Playground work
Collection of Caroline de Westenholz.
© Onoda Isa, courtesy Caroline de Westenholz,
グッゲンハイム美術館の最上階の様子
今井祝雄さん曰く「具体とライトが握手した」感じが出ています。
赤いのが小野田實の作品です。
ONODA Minoru, Work 66-14, 1966.
Synthetic paint on wood panel, 94 × 94 × 8 cm.


具体の赤本
Splendid Playground: Splendid Playgroundの図録
Alexandra Munroe (著), Ming Tiampo (著), Yoshihara Jiro (著)
ハードカバー: 316ページ
出版社: Solomon R Guggenheim Museum (2013/3/31)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 0892074892
ISBN-13: 978-0892074891
発売日: 2013/3/31
サイズ: 22.6 x 4.1 x 28.2 cm

「gutaiの赤本」
amazonでも購入できます。
表紙は山崎つる子さんの赤い作品のビニールシートを使用しています。
価格65ドル (¥ 6,221)

続きを読む
【2015/06/11 14:14】 | 美術-Art- | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スリムクラブ at OAC Art School
[少年ジャンプ電子版を初配信 7月13日(土)まんたんウェブ]

スリムクラブ
絵画教室のレッスン中に独特のかすれた声で
「入ってもいいですか?」とスリムクラブ真栄田さんが!
「いいよ!体験レッスン!」
TVでもないのに受講生を一人一人笑わせてくれました。
受講生は「鶴瓶の家族に乾杯」だと勘違いしてました。


「ここはとてもいい空間ですね!」と真栄田さんにお褒めの言葉をいただき
めでたくスリムクラブ公認の絵画教室になりました。

その後も教室のたくさんのオモチャをずっと見ていたので
「何か好きなキャラクターとかあるのですか?」と聞くと
「ハットリくん!」
普通すぎるところが面白い!

スリムクラブは普段でも同じテンションで笑わせてくれるのですね。
それにしても仲が良いデッカーイ二人でした。


エミリーさん送別会
基礎コース受講生のエミリー・ラブさんが
今夏に故郷のシカゴに帰ってしまうので
ささやかな送別会を行いました。

エミリーさん送別会2
隣は同じく受講生のアリソンさん
結局、2次会にも全員参加!


エコパークあぼし2
エコパークあぼしに実家のゴミ捨てに
積載量10kgあたり100円

見たこともない深いタテ穴にぼんぼんと放り込む形式
ちょっとしたアトラクションです。

エコパークあぼし1
でも、よく見るとサラッと怖い警告が!
安全帯ってなに?

なぎさ亭
ゴミ捨ての後は慰労も兼ねて
近くの「沖料理 なぎさ亭」で刺身定食!


沖料理 なぎさ亭
定休日:月曜
営業時間:11:00~14:00
     17:00~22:00(L.O.21:30)
079-272-7770
兵庫県姫路市網干区興浜2093-133


2013城崎にて
夏休みだったので避暑に
城崎~竹野~出石に行ってきました。
が毎日猛暑!
姫路に帰ったら涼しかった。
【2013/07/13 23:24】 | OAC美術スクール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・墓参り 2013年初夏と結婚式
[アシアナ死者 消防車ひかれる 7月13日(土)AFP=時事]
仕事で東京の用賀に行ってきました。
今回は1週間滞在。

原宿
原宿・竹下通りのモニターです。
真ん中にいるのがオノボリサンのアタクシです。
今までこんなところにモニターがあるとは知らなかった。

エスパス ルイ・ヴィトン東京
『Monuments of Traffic(交通のモニュメント)』展へ
無料とは思えない展示に感心
しかも写真は撮り放題
エスパス2013
© Louis Vuitton
Trashcar on bent motorway, 2008/09
ボール紙/焼けたプラスチック車/ゴミ焼却から生じた粉塵
150 x 100 x 80 cm
Courtesy of Galerie Barbara Weiss, Berlin


エスパス2013
Carmageddon / Motorway, 2012
ボール紙の立体エレメントから成るモジュール x 30個
各90 x 150 x 4 cm
Courtesy of the Artist, Galerie Johann Widauer, Innsbruck and Galerie Barbara Weiss, Berlin
今回は1937年ベルリン生まれのトーマス・バイルレ(Thomas Bayrle)の個展でした。


高島さんの結婚式2
■6月8日に神戸・北野のサッスーン邸にて
OACの講師でイラストレーターの高島沙羅さんと大塩健三郎さんの
結婚式がありました。
ドレスをズルズルしてる姿が良かったです。
神戸北野の異国情緒あふれる歴史的な異人館での結婚式でしたが
会場に行くまでの坂が急すぎ!
ご結婚おめでとうございます。
また画家の植田志保さん(高校時代に教室に来ていた)にも10年ぶりに会え
あいかわらずの超常現象の話に花が咲きました。
ワイドな身振り手振りで話す彼女自身が超常現象の様でした。

植田志保ブログ http://memo.shiho-ueda.com/

高島さんの結婚式
このマハラジャのような扮装をしているのがアタクシです。
シャンパン・生ハム!を美味しくいただきました。
帰りは植田さんとタクシーで三宮まで一緒

一風堂
ようやく一風堂のプレミアム会員になりました。
日本~シンガポール~NYの一風堂と周りましたが
個人的には地元姫路の一風堂が一番です。

免許ゼミナール
明石に免許更新に行ってきました。
帰りに見つけたこの「免許ゼミナール」ってどんなシステム?
いつやるの?いまでしょ的な人がいるのかな?
【2013/07/13 16:20】 | 旅-Traveling | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ